日本管打楽器コンクール

このコンクールは、管楽器および打楽器の各分野から、国際的視野に立ち有能なソリストを発掘し、優秀な人材の育成およびこのジャンルの啓発を目的とし、さらに広く世界の管打楽器の愛好者に呼び掛け、国際交流を図るとともに国際的なコンクールとして発展させることを目的とします。

1991年 第8回日本管打楽器コンクール 報告

開催日程・場所
1991年11月11日(月)~11月22日(金)
(会場:バリオホール)


フルート部門
◆第一次予選
<課題曲>
Arthur Honegger:Danse de la Chevre pour flute solo(3’30)

◆第二次予選
<課題曲>
選択曲A、及びB、より各1曲を選び、①②③の合計演奏時間が23分以内であること。
23分を越えた場合は、演奏を中止することがある。尚、その組み合わせにあたっては、なるべく同一作曲家の重複を避け、スタイルの違う曲をバランス良く組み合わせること。

①課題曲
J.S.Bach:Sonata E-dur fur Flute und Basso Continuo BWV lO35
出来るだけ全楽章を演奏すること。やむなく短縮するときは、緩急の組み合わせによる2つの楽章以上を選ぶこと。

②選択曲A
A.Luciano Berio:SEQUENZA per flauto solo
B.Andre Jolivet:CINQ INCANTATIONS pour flute Seuleより、任意の楽章を演奏する。
C.Sigfrid Karg-Elert:Sonate(Appassionata)Fis-moll Flute Solo Op.140

③選択曲B
A.Pierre Sancan:Sonatine pour flute et piano
B.Henri Dutilleux:Sonatine pour flute et piano
C.Andre Jolivet:Chant de Linos pour flute et piano
D.Frank Martin:BALLADE pour flute,Orchestre a cordes et piano
E.丹波 明:Sonata pour flute et piano

◆本 選
Jacques lbert:Concerto pour flute et Orchestre

「注意事項」
1.予選本選共、全て暗譜とする。
2.第二次予選の演奏順序は、課題曲~選択曲の順とする。
3.全て伴奏はピアノを使用する。したがってバッハの伴奏部については、ピアノであることを配慮した演奏上の注意が必要である。
4.使用楽譜についての版の指定はしない。

ホルン部門
◆第一次予選
<課題曲>
J.Haydn:Konzort fur Horn und Orchester Nr.1 D-dur Hob.Vll d 3 第一楽章
第26小節からスタート、途中ピアノは第60小節に入らずに第74小節にとぶ(14小節カット)、第150小節の最初の和音で終る。カデンツ無し。

◆第二次予選
<課題曲>
P.Hindemith:Sonate fur Althornin Es und Klavier(1943)第一、第二楽章
E.Bozza:En Foret Op.40

◆本 選
W.A.Mozart:Konzert fur Horn und Orchester Nr.4 Es-dur KV.495

「注意事項」
予選・本選いずれも版の指定無し、全曲暗譜のこと。

トロンボーン部門
◆第一次予選
<課題曲>
Eugene Bozza:Hommage a Bach [出版社:Alphonse Leduc]

◆第二次予選
<課題曲>
J.G.Albrechtsberger:Concerto (第1・2楽章) [出版社:Editio Musica Budapest]

<選択曲>(下記4曲のうち1曲を選択)
A.Luciano Berio:Sequenza v for Trombone solo [出版社:Universal Edition]
B.Folke Rabe:Basta for Trombone solo [出版社:Edition Reimers]
C.Iannis Xenakis:Keren pour Trombone solo [出版社:Editions Salabert]
D.山田真紀(Maki Yamada):Sonatine for Trombone and Piano(第2・3楽章) [出版社:ソニックアーツ㈱]

◆本 選
Launy Grondahl:Concerto(全楽章) [出版社:Samfundet til Udgivelse af Dansk Musik Kobenhavn]

「注意事項」
1.予選本選共、全て暗譜とする。
2.第二次予選の演奏順序は課題曲~選択曲の順とし、演奏時間は両曲合計23分以内とする。(23分を越えた場合は演奏を中止することがある)
3.第一次予選・二次予選・本選の審査は全て、オープンで実施する。(審査員席の前にカーテン無し)

表彰式及び特別大賞演奏会

日 時:1991年11月24日(日)
会 場:虎ノ門ホール
指 揮:秋山 和慶 
演 奏:東京交響楽団
出演者:
フルート部門   第1位  神田 寛明  
ホルン部門    第1位  丸山 勉 
トロンボーン部門 第1位  山本 浩一郎  

演奏会結果
○「大賞授賞者」
トロンボーン部門 山本 浩一郎

本選結果

フルート部門
第1位 神田 寛明  第2位 若松 純子  第3位 菊池 香苗
入 選 戸田 敦   入 選 小林 美香

ホルン部門
第1位 丸山 勉   第2位 金子 典樹  第3位 岡村 陽
入 選 金星 眞   入 選 竹村 淳司  入 選 栗山 洋子

トロンボーン部門
第1位 山本 浩一郎 第2位 桒田 晃   第3位 池上 亘
入 選 奥村 晃   入 選 倉田 寛

日本管打楽器コンクールこれまでの受賞一覧

2016年 第33回 日本管打楽器コンクール 報告
2015年 第32回 日本管打楽器コンクール 報告
2014年 第31回 日本管打楽器コンクール 報告
2013年 第30回 日本管打楽器コンクール 報告
2012年 第29回 日本管打楽器コンクール 報告
2011年 第28回 日本管打楽器コンクール 報告
2010年 第27回 日本管打楽器コンクール 報告
2009年 第26回 日本管打楽器コンクール 報告
2008年 第25回 日本管打楽器コンクール 報告
2007年 第24回 日本管打楽器コンクール 報告
2006年 第23回 日本管打楽器コンクール 報告
2005年 第22回 日本管打楽器コンクール 報告
2004年 第21回 日本管打楽器コンクール 報告
2003年 第20回 日本管打楽器コンクール 報告
2002年 第19回 日本管打楽器コンクール 報告
2001年 第18回 日本管打楽器コンクール 報告
2000年 第17回 日本管打楽器コンクール 報告
1999年 第16回 日本管打楽器コンクール 報告
1998年 第15回 日本管打楽器コンクール 報告
1997年 第14回 日本管打楽器コンクール 報告
1996年 第13回 日本管打楽器コンクール 報告
1995年 第12回 日本管打楽器コンクール 報告
1994年 第11回 日本管打楽器コンクール 報告
1993年 第10回 日本管打楽器コンクール 報告
1992年 第09回 日本管打楽器コンクール 報告
1991年 第08回 日本管打楽器コンクール 報告
1990年 第07回 日本管打楽器コンクール 報告
1989年 第06回 日本管打楽器コンクール 報告
1988年 第05回 日本管打楽器コンクール 報告
1987年 第04回 日本管打楽器コンクール 報告
1986年 第03回 日本管打楽器コンクール 報告
1985年 第02回 日本管打楽器コンクール 報告
1984年 第01回 日本管打楽器コンクール 報告
第30回 日本管打楽器コンクール 第29回 日本管打楽器コンクール