日本管打楽器コンクール

このコンクールは、管楽器および打楽器の各分野から、国際的視野に立ち有能なソリストを発掘し、優秀な人材の育成およびこのジャンルの啓発を目的とし、さらに広く世界の管打楽器の愛好者に呼び掛け、国際交流を図るとともに国際的なコンクールとして発展させることを目的とします。

2005年 第22回日本管打楽器コンクール 報告

開催日程・場所
2005年11月03日(木)~11月19日(土)
(会場:バリオホール)


オーボエ部門
◆第一次予選
<課題曲>
Georg Philipp Telemann:Sonate e-moll 第1楽章及び第2楽章 [出版社:指定なし]

「注意事項」
出入り含めて5分以内

◆第二次予選
次の選択曲①~⑮から1曲を選び演奏のこと [出版社:指定なし]
選択曲に技術的な難易度の差は認められるが、あくまでも各自の演奏に於ける「完成度」を審査の対象とする。

<選択曲>
①D.Milhaud:Sonatine
②H.Dutilleux:Sonate
③M.Shinohara:Obsession
④Isan Yun:piri
⑤RSchumann:DreiRomanzen
⑥A.Pasculli:LaFavorita
⑦J.W.Kallliwoda:Morceau de Salon op.228
⑧Ponchielli:Capriccio
⑨A.Jollivet:Serenade
⑩L.Berio:Sequenza Ⅶa pe roboe(1969,rev2000)
⑪B.Britten:Six Metamorphoses afler Ovidio
⑫E.Goossens:Concerto
⑬N.Skalkottas:Concertino
⑭W.AIwyn:Concerto
⑮RV.Williams:Concerto

◆本 選
<課題曲>
W.A.Mozart:Konzerto C-dur Kv.314 [出版社:指定なし]

「注意事項」
本選、及び特別大賞演奏会は、暗譜で演奏のこと。
カデンツは自由。 

サクソフォーン部門
◆第一次予選
<課題曲>
Jacques Ibert:Concertino da Camera
I.Allegro con molto 5の頭まで
Ⅱ.Larghetto-Animato molto 35まで [出版社:Leduc]

「注意事項」
カーテン有り(出入り含めて6分以内)

◆第二次予選
<課題曲>
Franz Schubert:Sonate in a-moll für Arpeggione und Klavier
        I.Allegro moderato
ソロパートのトランスクリプションは自由。
但し、原調で演奏すること。(Alto Saxに限る)リピートはなし。
なお、ソロパートの参考楽譜希望者はコンクール事務局にて無料で入手可。 [出版社:全音出版(ベーレンライター原典版)]

<選択曲>
次の選択曲①~⑩から1曲を選び演奏すること。
①伊藤康英:「ツヴァイザムカイト」への補足的一章 [出版社:日本サクソフォーン協会]
②長生 淳:天国の月 [出版社:全音楽譜出版]
③吉松 隆:Fuzzy Bird Sonata [出版社:Billaudot]
④L.Basset:Music [出版社:peters]
⑤E.Demisov:Sonate [出版社:Leduc]
⑥A.Tisne:Espaces IrradiesよりI.Ⅳ [出版社:Choudens]
⑦L.Berio:Sequenza Ⅸb [出版社:Universal edition]
⑧B.Jolas:Épiode Quatrième [出版社:Leduc]
⑨C.Lauba:Neuf Etudes より Balafon.Jungle または Tadj [出版社:Leduc]
⑩J.Rueff:Sonate [出版社:Leduc]

「注意事項」
カーテン有り

◆本 選
<課題曲>
Lars-Erik Larsson:Konsert,Op.14 [出版社:Gehrmans]

「注意事項」
暗譜で演奏すること。

トランペット部門
◆第一次予選
<課題曲>
J.Ed.Barat:Lento et Scherzo [出版社:A.Leduc]

「注意事項」
出入り含めて6分以内

◆第二次予選 
次の2曲を演奏のこと。
<課題曲>
①A.Gedicke:Concerto [出版社:指定なし]
②L.Mozart:Concerto [出版社:GerardBillaudot]

「注意事項」
2曲の演奏順序は当日指定。
選択曲は無し。

◆本 選
<課題曲>
H.Tomasi:Concerto [出版社:A.Leduc]

「注意事項」
Facultatif pour la Trompette seulementの部分は基本的に自由。
ただし、演奏の指示がある場所は必ず演奏のこと。

第I楽章 13番から14番の間、17番の2小節目から18番の4小節目までの書粉は演奏のこと。(カデンツアの部分も同様とする)
第Ⅲ楽章 FINAL
3番の6小節目はossiaでない方を、また6小節目は16分音符の方を演奏のこと。
10番から11番の2小節目の部分は演奏のこと。
20番の7小節目から21番の1小節目の部分は演奏のこと。

「注意事項」
本選、及び特別大賞演奏会は暗譜で演奏のこと。

打楽器部門
◆第一次予選
<課題曲>次の2曲を演奏のこと。
①Heinrich Knauer:Kleine Trommel SchuleよりNo.31 [出版社:Friedrich Hofmeister Musikverlag]
②J.S.Bach:Six Suites for Solo Cello No1よりMenuettoI,Ⅱ [出版社:指定なし]

「注意事項」
リピート無し、ダ・カーポあり オクターブ上でも可。(出入り含めて5分以内)

◆第二次予選
<課題曲>次のA、Bグループの中より1曲ずつを選択し、計2曲を演奏のこと。
     但し、セッティングを含み一人に与えられる時間は30分以内とする。
<Aグループ>
①L.Xenakis:Rebonds A [出版社:Ed.Salabert]
②L.Xenakis:Rebonds B [出版社:Ed.Salabert]
③北爪道夫:Sideby Side [出版社:音楽之友社]
④Michel CALS:Quatre Inventions よりNo.3 [出版社:Editions Musicales]
⑤E.Carter:Eight Piece for Four Timpami No.1,4,5,8 [出版社:G.Schirmer Inc.]

<Bグループ>
①per Nørġard:I Chingより Ⅳ [出版社:EWdition Wilhelm Hansen]
②石井眞木:Thirteen Drumsop.66 [出版社:Editions Moeck]
③Morton Feldman:TheKing of Denmark [出版社:Editions Peters]
④Iannis Xenakis:Psappha [出版社:EditionsSalabert]
⑤Karlheinz Stockhausen:Nr.9 Zykles [出版社:Univeral Edition]
⑥KevinVolans:SheWhoSleepsWithASmallBlanket [出版社:Chester Music]
⑦Jean Balissat:Concertino pour percussion et orchestre [出版社:Edition Henn]
⑧Joseph Schwantner:Velocities [出版社:Helicon Music Corporation]
⑨Andrew Thomas:Merlin for solo marimba [出版社:Margun Music]
⑩Nebojša J.Živkvić:Ultimatun 1 for Marimba solo [出版社:Edition Musica Europea]
⑪Nebojša J.Živkvić:Generally spoken it is nothing but rhythm [出版社:Edition Musica Europea]
⑫Jacob Druckman:Reflections On The Nature of Water より No.1,3,4,6 [出版社:Boosey&Hawkes]
⑬Paul Creston:Concertino for Marimba [出版社:Schirmer,Inc]
⑭三善 晃:Torse Ⅲ [出版社:Ongaku no Tomo Edition]
⑮Werner Thärichen:Konzert Fur Pauken und Orchester op.34より 第1楽章 [出版社:Bote&Bock](伴奏は4より開始)
⑯Eckhard Koptzki:Kaskada [出版社:Norsk Musik Forlag]

◆本 選
<課題曲>
Andre Jolivet:Concerto Pour Percussion(全楽章) [出版社:Editions Salabert]

「注意事項」
第一次予選から本選まで必ずしも暗譜の必要性は無しとする。
時間により演奏をカットする場合がある。
第一次予選、第二次予選、本選すべてブラインド無し。

表彰式及び特別大賞演奏会

日 時:2005年11月21日(月)
会 場:文京シビックホール 大ホール(東京都文京区春日1-16-21)
指 揮:梅田 俊明  
演 奏:日本フィルハーモニー交響楽団
出演者:
オーボエ部門    第1位  久寿米木 知子 
サクソフォーン部門 第1位  林田 祐和 
トランペット部門  第1位  Lukasz Gothszalk   
打楽器部門     第1位  柴原 誠

演奏会結果
〇「文部科学大臣奨励賞」・「東京都知事賞」・「審査員特別賞」
トランペット部門 Lukasz Gothszalk

本選結果

オーボエ部門
第1位 久寿米木 知子 第2位 Oh Minjeong  第2位 大植 圭太郎
第4位 堀口 憲一   第5位 坪池 泉美

サクソフォーン部門
第1位 林田 祐和  第2位 貝沼 拓実  第3位 國松 貞仁
第4位 細川 紘希  第5位 松井 宏幸

トランペット部門
第1位 Lukasz Gothszalk  第2位 長谷川 智之  第3位 高見 信行  
第4位 矢口 幸一  第5位 野田 亮

打楽器部門
第1位 柴原 誠   第2位 西久保 友広  第3位 窪田 健志
第4位 大場 章裕  第5位 三田 浩則

日本管打楽器コンクールこれまでの受賞一覧

2016年 第33回 日本管打楽器コンクール 報告
2015年 第32回 日本管打楽器コンクール 報告
2014年 第31回 日本管打楽器コンクール 報告
2013年 第30回 日本管打楽器コンクール 報告
2012年 第29回 日本管打楽器コンクール 報告
2011年 第28回 日本管打楽器コンクール 報告
2010年 第27回 日本管打楽器コンクール 報告
2009年 第26回 日本管打楽器コンクール 報告
2008年 第25回 日本管打楽器コンクール 報告
2007年 第24回 日本管打楽器コンクール 報告
2006年 第23回 日本管打楽器コンクール 報告
2005年 第22回 日本管打楽器コンクール 報告
2004年 第21回 日本管打楽器コンクール 報告
2003年 第20回 日本管打楽器コンクール 報告
2002年 第19回 日本管打楽器コンクール 報告
2001年 第18回 日本管打楽器コンクール 報告
2000年 第17回 日本管打楽器コンクール 報告
1999年 第16回 日本管打楽器コンクール 報告
1998年 第15回 日本管打楽器コンクール 報告
1997年 第14回 日本管打楽器コンクール 報告
1996年 第13回 日本管打楽器コンクール 報告
1995年 第12回 日本管打楽器コンクール 報告
1994年 第11回 日本管打楽器コンクール 報告
1993年 第10回 日本管打楽器コンクール 報告
1992年 第09回 日本管打楽器コンクール 報告
1991年 第08回 日本管打楽器コンクール 報告
1990年 第07回 日本管打楽器コンクール 報告
1989年 第06回 日本管打楽器コンクール 報告
1988年 第05回 日本管打楽器コンクール 報告
1987年 第04回 日本管打楽器コンクール 報告
1986年 第03回 日本管打楽器コンクール 報告
1985年 第02回 日本管打楽器コンクール 報告
1984年 第01回 日本管打楽器コンクール 報告
第30回 日本管打楽器コンクール 第29回 日本管打楽器コンクール