日本管打楽器コンクール

このコンクールは、管楽器および打楽器の各分野から、国際的視野に立ち有能なソリストを発掘し、優秀な人材の育成およびこのジャンルの啓発を目的とし、さらに広く世界の管打楽器の愛好者に呼び掛け、国際交流を図るとともに国際的なコンクールとして発展させることを目的とします。

1995年 第12回日本管打楽器コンクール 報告

開催日程・場所
1995年11月10日(金)~11月23日(木)
(会場:バリオホール)


クラリネット部門
◆第一次予選
<課題曲>
C.Debussy:Premiere Rhapsodie pour Orchestre Avec Clarinette Principale en Sib [出版社:Durand]  
※暗譜で演奏のこと。

◆第二次予選
<課題曲>
次の課題曲①②のうちいずれか1曲及び自由曲の計2曲を演奏のこと。 [出版社:指定なし]
①J.Brahms:Sonate fur Klarinette und Klavier f-moll Op.120 N0.1より
      第1・第3楽章
②J.Brahms:Sonate fur Klarinette und Klavier Es-Dur Op.120 N0.2より
      第1・第2楽章
              
<選択曲>
どの課題曲とも重複しないもので、1900年以後にクラリネットのために作曲されたとされる任意の一曲。但し、伴奏がある場合はピアノに限る。

◆本 選
W.A.Mozart:Konzerto A-dur fur Klarinette und Orchestra [出版社:指定なし]
※暗譜で演奏のこと。

「注意事項」
(1)第一次予選及び本選は、暗譜で演奏のこと。
(2)第二次予選は課題曲①②のいずれかの一曲と自由曲を演奏し、全ての演奏時間の合計を20分から25分以内にまとめること。
カットは可能。曲順は自由。

ファゴット部門
◆第一次予選
<課題曲>
 C.M.v.Weber:Konzert F-dur op.75 第1楽章 [出版社:指定なし]
※暗譜で演奏のこと。

◆第二次予選
<課題曲>
①A.Vivaldi:Concerto en mi mineur〔F-VIⅢ,6〕 [出版社:指定なし]
第1、第2楽章を演奏
※暗譜で演奏のこと。
②Roger Boutry:Douze〔12〕Etudes Atonalesより [出版社:Alphonse Leduc]
〔2、5、7、8、10〕

<選択曲>下記の2曲から1曲を選び演奏する事。
①E.Bozza:Fantaisie [出版社:Alphonse Leduc]
②H.Dutilleux:Sarabande et Cortege [出版社:Alphonse Leduc]

◆本 選
W.A.Mozart:Konzert fur Fagott KV.191 [出版社:指定なし]
※全楽章演奏の事、カデンツは自由。
※暗譜で演奏のこと。

「注意事項」
(1)第一次予選の前奏〔ピアノ〕は、最初の7小節を演奏後、第39小節目(ソロの2小節前)にとび、第118小節目まで演奏した後、第132小節目にとぶ(ソロの8小節前)、そ して、第196小節目の2拍目まで演奏して終わる。
(2)第二次予選の課題曲①では、第1楽章:前奏は第10小節のアウフタクトから、後奏なし。第64小節の第1拍で終わる。第2楽章:前奏は第6小節目の第3拍から、後奏はなし。第33小節の第1拍で終わる。
(3)第1次予選及び、第2次予選課題①は暗譜で演奏のこと。
(4)本選は、全楽章を演奏。カデンツは自由。暗譜で演奏のこと。

ユーフォニアム部門
◆第一次予選
<課題曲>
 P.V.De La NUX:Concert Piece [出版社:指定なし]
※暗譜で演奏のこと。

◆第二次予選
<課題曲>※暗譜で演奏のこと。
次の課題曲及び選択曲の①~⑤の中から1曲を選び計2曲を演奏のこと。 [出版社:指定なし]
J.S.Bach:Suite fur Violoncello(BWV,1009)SuiteⅢより
     ・Allemande
     ・BourreeⅠ.Ⅱ.
     ・Gigue           

<選択曲>下記5曲から1曲を選び演奏のこと。※暗譜で演奏のこと。
①P.Lantier:Introduction,Romance et Allegro [出版社:H.Lemoine]
②A.Butterworth:Partita [出版社:C.Publications]
③J.Moreau:Couleurs en Mouvements [出版社:A.Leduc]
④W.Ross:Partita (第2・第3楽章) [出版社:Boosey&Hawkes]
⑤J.Horovitz:Concerto(第2・第3楽章) [出版社:Novello]

◆本 選
 <課題曲>
Jan.Bach:Concerto,Euphonium and Orchestra(Piano Accompani-ment Version) [出版社:TUBA Press]
※暗譜で演奏のこと。

「注意事項」
第一次予選、第二次予選、本選共に、全て暗譜で演奏のこと。

テューバ部門
◆第一次予選
<課題曲>
E.v.Koch:Monolog nr 9 [出版社:AB Carl Gehrmans Musikforlag,Stackholm]

◆ 第二次予選
<課題曲>
次の課題曲及び選択曲の①~⑤の中から1曲を選び計2曲を演奏のこと。
J.S.Bach:Suite fur Violoncello(BWVlOO7)SuiteIよりCourante [出版社:指定なし]
※原調で演奏すること。(繰り返しなし)

<選択曲>
①A.Arutiunian:Concerto for Tuba and Orchestra [出版社:Editions BIM]
②J.Koetsier:Concertino Op.77 [出版社:Editions BIM]
③E.Bozza:Concertino pour Tuba et Orchestre [出版社:Alphonse Leduc]
④T.Madsen:Sonata for Tuba and Piano Op.34 [出版社:Musikk-Huset A/S.OSLO]
⑤R.Wilhelm:Concertino for Tuba and Wind Instruments [出版社:Strube Verlag GmbH,Mtinchen]

◆本 選
R.Vaughan Williams:Concerto for Basstuba and Orchestra [出版社:Oxford University Press]
※暗譜で演奏のこと。

「注意事項」
(1)第二次予選の課題曲・選択曲の演奏順序は自由。
(2)第二次予選の選択曲は時間の都合上、一次予選発表後部分カットすることがある。
(3)第二次予選・選択曲のうち、オーケストラ又は、吹奏楽を伴う曲はすべてピアノ伴奏とする。
(4)第一次・第二次予選の審査はブラインドで実施する。(審査員席の前にカーテンあり)
(5)第二次予選選択曲③は、Tuba用のソロパートを使用のこと。

表彰式及び特別大賞演奏会

日 時:1995年11月28日(火)
会 場:日比谷公会堂
指 揮:増井 信貴  
演 奏:東京交響楽団
出演者:
クラリネット部門  第1位  原田 綾子
ファゴット部門   第1位  Ludovic TISSUS
ユーフォニアム部門 第1位  幡野 武
テューバ部門    第1位  杉山 康人  

演奏結果
〇「文部大臣奨励賞」・「東京都知事賞」・「最優秀演奏者」・「特別賞」
ファゴット部門 Ludovic TISSUS

本選結果

クラリネット部門
第1位 原田 綾子  第2位 Jean-francios VERDIER  第3位 佐藤 路世
第4位 Arnaud LEROY 第5位 岡 静代

ファゴット部門
第1位 Ludovic TISSUS  第2位 中野 陽一朗  第3位 Selim Aykai
第4位 Régis ROY     第5位 石川 晃

ユーフォニアム部門
第1位 幡野 武   第2位 三浦 育子  第3位 荒木 玉緒
第4位 石橋 美奈子 第5位 池田 勇人

テューバ部門
第1位 杉山 康人  第2位 大城 衝   第3位 池田 幸広
第4位 久保 和憲  第5位 井小萩 治之

日本管打楽器コンクールこれまでの受賞一覧

2016年 第33回 日本管打楽器コンクール 報告
2015年 第32回 日本管打楽器コンクール 報告
2014年 第31回 日本管打楽器コンクール 報告
2013年 第30回 日本管打楽器コンクール 報告
2012年 第29回 日本管打楽器コンクール 報告
2011年 第28回 日本管打楽器コンクール 報告
2010年 第27回 日本管打楽器コンクール 報告
2009年 第26回 日本管打楽器コンクール 報告
2008年 第25回 日本管打楽器コンクール 報告
2007年 第24回 日本管打楽器コンクール 報告
2006年 第23回 日本管打楽器コンクール 報告
2005年 第22回 日本管打楽器コンクール 報告
2004年 第21回 日本管打楽器コンクール 報告
2003年 第20回 日本管打楽器コンクール 報告
2002年 第19回 日本管打楽器コンクール 報告
2001年 第18回 日本管打楽器コンクール 報告
2000年 第17回 日本管打楽器コンクール 報告
1999年 第16回 日本管打楽器コンクール 報告
1998年 第15回 日本管打楽器コンクール 報告
1997年 第14回 日本管打楽器コンクール 報告
1996年 第13回 日本管打楽器コンクール 報告
1995年 第12回 日本管打楽器コンクール 報告
1994年 第11回 日本管打楽器コンクール 報告
1993年 第10回 日本管打楽器コンクール 報告
1992年 第09回 日本管打楽器コンクール 報告
1991年 第08回 日本管打楽器コンクール 報告
1990年 第07回 日本管打楽器コンクール 報告
1989年 第06回 日本管打楽器コンクール 報告
1988年 第05回 日本管打楽器コンクール 報告
1987年 第04回 日本管打楽器コンクール 報告
1986年 第03回 日本管打楽器コンクール 報告
1985年 第02回 日本管打楽器コンクール 報告
1984年 第01回 日本管打楽器コンクール 報告
第30回 日本管打楽器コンクール 第29回 日本管打楽器コンクール