日本管打楽器コンクール

このコンクールは、管楽器および打楽器の各分野から、国際的視野に立ち有能なソリストを発掘し、優秀な人材の育成およびこのジャンルの啓発を目的とし、さらに広く世界の管打楽器の愛好者に呼び掛け、国際交流を図るとともに国際的なコンクールとして発展させることを目的とします。

2012年 第29回日本管打楽器コンクール 報告

開催日程・場所
第一次予選・第二次予選・本選
2012年08月19日(日)~08月25日(土)
フルート部門    (昭和音楽大学)
ホルン部門     (東邦音楽大学)
トロンボーン部門  (洗足学園音楽大学)
ユーフォニアム部門 (国立音楽大学)


フルート部門
◆第一次予選
<課題曲>
下記の課題曲①と②の2曲を暗譜で演奏する。
①Claude Achille Debussy:Syrinx for Flute alone [出版社:指定なし] 
②S.karg-Elert:No.9 from 30 Caprices for Flute Op.107 [出版社:指定なし]

「注意事項」
※暗譜の必要性は無しとする。
※ブラインド審査無しとする。

◆第二次予選
<課題曲>
下記の課題曲①②を演奏する。
①J.S.Bach:Partita in a-minor for Flute alone BWV1013 [出版社:指定なし]
※Allemande,Corrente,Sarabande,Bourree Anglaise の全楽章を演奏する。
※全楽章とも繰り返しはしない。
②他のどの課題曲とも重複しないフルートのための自由曲を演奏する。
※課題曲①②の合計が20分以内である事。
※所要時間内であれば曲数の指定はしない。
※曲順は課題曲①②の順序で演奏すること。
※課題曲②(自由曲)は無伴奏曲でもよいが、伴奏がある場合はピアノのみとする。
※演奏時間が超過した場合は途中で止めることもあるが、評価には影響しない。
※どの曲も出版社の指定はしない。

「注意事項」
※暗譜の必要性は無しとする。
※ブラインド審査無しとする。

◆本 選
尾高尚忠:フルート協奏曲Op.30b [出版社:MURAMATSU]

「注意事項」
※暗譜で演奏のこと。
※ブラインド審査無しとする。

ホルン部門
◆第一次予選
<課題曲>
Antonio Rosetti (Rösler):Konzert Es-dur 第1楽章
※75 小節目(ソロの4 小節前)からスタート、127 小節(終わり)まで演奏して、145 小節(ソロの5 小節前)に飛ぶ。
194小節(終わり)まで演奏して、225 小節(ソロの2 小節前)に飛ぶ。244 小節の1拍目で終了。
※下記の出版社のどちらかを使用のこと。尚、各出版社で記載されている譜面(アーティキュレーション)通りの演奏可。
[出版社:Deutscher Verlag fur Musik Leipzig(DV f M)/Konzert Es-dur(1779)表記]
[出版社:Verlag H.Pizka Munchen/Konzert Es-dur(No.2)表記]

「注意事項」
※ブラインド審査とする。
※暗譜で演奏のこと。

◆第二次予選
<課題曲>
Volker David Kirchner:Tre(3)Poemi [出版社:指定なし]
           
<選択曲>
①R.Strauss:Introduktion,Thema und Variationen(AV52)
②R.Schumann:Adagio und Allegro Op.70  
③G.Rossini:Prelude,Theme et Variations
④J.Francaix:Divertimento
⑤H.Busser:Contecor Op.77 [全て出版社:指定なし]
上記の課題曲及び選択曲の中から選んだ1曲の計2曲を演奏する。(曲順は課題曲・選択曲の順序で行うこと)

「注意事項」
※暗譜の必要性は無しとする。
※ブラインド審査無しとする。

◆本 選
Othmar Schoeck:Concerto Op.65(for Horn and String Orchestra) [出版社:Boosy&Hawkes]

「注意事項」
※暗譜で演奏のこと。
※ブラインド審査無しとする。

トロンボーン部門
◆第一次予選  
<課題曲>
Tenor Trombone/F.David:Concertino in Eb [出版社:Zimmermann]
Bass Trombone/F.David:Concertino in Bb [出版社:Zimmermann]
※Tenor/Bass 共にAの4 小節前(38 小節目)よりスタートし、Dの頭まで演奏すること。

「注意事項」
※暗譜で演奏のこと。
※ブラインド審査無しとする。

◆第二次予選 
Tenor Trombone/
<課題曲>
J.S.Bach:無伴奏チェロ組曲より第1番 Prelude [出版社:Leduc]

<選択曲>
①F.Martin:Ballade [出版社:Universal Edition]
②P.Bonneau:Capriccio [出版社:Leduc]  
上記の課題曲及び選択曲の中から選んだ1曲の計2曲を演奏する。(曲順は課題曲・選択曲の順序で行うこと)

Bass Trombone/
<課題曲>
J.S.Bach:無伴奏チェロ組曲より第1番 Prelude [出版社:Leduc]

<選択曲>
①J.Casterede:FANTAISIE CONCERTANTE [出版社:Leduc]
②A.Margoni:APRES UNE LECTURE DE GOLDONI [出版社:Leduc]
上記の課題曲及び選択曲の中から選んだ1曲の計2曲を演奏する。( 曲順は課題曲・選択曲の順序で行うこと)

「注意事項」
※暗譜で演奏のこと。
※ブラインド審査無しとする。

◆本 選
Tenor Trombone/H.Tomasi:Concerto [出版社:Leduc]
Bass Trombone/V.Nelhybel:Concerto [出版社:Southern Music]

「注意事項」
※暗譜で演奏のこと。
※ブラインド審査無しとする。

ユーフォニアム部門
◆第一次予選 
<課題曲>
Joseph Horovitz:Euphonium Concerto, 1st movement [出版社:Novello]

「注意事項」
※暗譜で演奏のこと。ブラインド審査無しとする。

◆第二次予選 
<課題曲> 
下記の選択曲(A)・(B)それぞれ1曲ずつ選び、(A)・(B)の順で演奏すること。

選択曲(A)
①Johann Sebastian Bach:Viola da Gamba Sonata no. 2, 1st and 2nd movements(原調のものとする)
②Georg Friedrich Handel:Concerto in f minor, 1st and 2nd movements(f minor を指定する) [どちらも出版社:指定なし]

選択曲(B)
①Eduardo Boccalari:Fantasia di Concerto
②Amilcare Ponchielli:Concerto per Flicorno Basso [どちらも出版社:指定なし]

「注意事項」
※暗譜で演奏のこと。
※ブラインド審査無しとする。
※全てリピート無しで演奏のこと。

◆本 選
James Curnow:Symphonic Variants [出版社:指定なし]
※Cadenza はextended cadenza を使用せず、楽譜通りのものを使用すること。尚、multiphonics の使用は自由とする。

「注意事項」
※暗譜で演奏のこと。
※ブラインド審査無しとする。

表彰式及び特別大賞演奏会

日 時:2012年08月30日(木)
会 場:文京シビックホール 大ホール(東京都文京区春日1-16-21)
指 揮:渡邊 一正  
演 奏:東京ニューシティ管弦楽団
出演者:
フルート部門    第1位  松木 さや
ホルン部門     第1位  HONG PARK KIM
トロンボーン部門  第1位  東川 暁洋  
ユーフォニアム部門 第2位  小久保 まい
 
演奏会結果
〇「内閣総理大臣賞」・「特別大賞」
ホルン部門  HONG PARK KIM
〇別賞【東京ニューシティ管弦楽団賞定期演奏会特別出演】
フルート部門 松木 さや 
〇「文部科学大臣賞」・「東京都知事賞」
フルート部門    第1位  松木 さや
ホルン部門     第1位  HONG PARK KIM
トロンボーン部門  第1位  東川 暁洋

本選結果

フルート部門
第1位 松木 さや  第2位 押部 朋子  第3位 多久和 怜子
入 選 八木 瑛子  入 選 知久 翔

ホルン部門
第1位 HONG PARK KIM 第2位 根本 めぐみ  第3位 小川 敦
入 選 濱地 宗    入 選 田島 花林

トロンボーン部門
第1位 東川 暁洋  第2位 星野 舞子  第3位 菅原 薫
入 選 上田 智美  入 選 今村 岳志

ユーフォニアム部門
第1位 該当者無し  第2位 小久保 まい 第3位 武藤 卓
入 選 髙橋 美奈子 入 選 岩満 貴大  入 選 齋藤 由美子

日本管打楽器コンクールこれまでの受賞一覧

2016年 第33回 日本管打楽器コンクール 報告
2015年 第32回 日本管打楽器コンクール 報告
2014年 第31回 日本管打楽器コンクール 報告
2013年 第30回 日本管打楽器コンクール 報告
2012年 第29回 日本管打楽器コンクール 報告
2011年 第28回 日本管打楽器コンクール 報告
2010年 第27回 日本管打楽器コンクール 報告
2009年 第26回 日本管打楽器コンクール 報告
2008年 第25回 日本管打楽器コンクール 報告
2007年 第24回 日本管打楽器コンクール 報告
2006年 第23回 日本管打楽器コンクール 報告
2005年 第22回 日本管打楽器コンクール 報告
2004年 第21回 日本管打楽器コンクール 報告
2003年 第20回 日本管打楽器コンクール 報告
2002年 第19回 日本管打楽器コンクール 報告
2001年 第18回 日本管打楽器コンクール 報告
2000年 第17回 日本管打楽器コンクール 報告
1999年 第16回 日本管打楽器コンクール 報告
1998年 第15回 日本管打楽器コンクール 報告
1997年 第14回 日本管打楽器コンクール 報告
1996年 第13回 日本管打楽器コンクール 報告
1995年 第12回 日本管打楽器コンクール 報告
1994年 第11回 日本管打楽器コンクール 報告
1993年 第10回 日本管打楽器コンクール 報告
1992年 第09回 日本管打楽器コンクール 報告
1991年 第08回 日本管打楽器コンクール 報告
1990年 第07回 日本管打楽器コンクール 報告
1989年 第06回 日本管打楽器コンクール 報告
1988年 第05回 日本管打楽器コンクール 報告
1987年 第04回 日本管打楽器コンクール 報告
1986年 第03回 日本管打楽器コンクール 報告
1985年 第02回 日本管打楽器コンクール 報告
1984年 第01回 日本管打楽器コンクール 報告
第30回 日本管打楽器コンクール 第29回 日本管打楽器コンクール