日本管打楽器コンクール

このコンクールは、管楽器および打楽器の各分野から、国際的視野に立ち有能なソリストを発掘し、優秀な人材の育成およびこのジャンルの啓発を目的とし、さらに広く世界の管打楽器の愛好者に呼び掛け、国際交流を図るとともに国際的なコンクールとして発展させることを目的とします。

2007年 第24回日本管打楽器コンクール 報告

開催日程・場所
2007年11月12日(月)~11月25日(日)
(会場:バリオホール)


クラリネット部門
◆第一次予選
次の2曲から1曲を選択し演奏する。

<選択曲>
a)G.Rossini:「Introdution,Thema con Varizione」 [出版社:指定なし]
b)C.M.Weber:「Konzert Nr.1 0p.73 f-moll」第1楽章 [出版社:指定なし]
*a),b)共にカットあり(カットの箇所は参加証と共に郵送する)

◆第二次予選
<課題曲>次の2曲から1曲を選択する。
1)J.Brahms:「Sonate Nr.1 f-moll op.120-1」より第1楽章 [出版社:指定なし]
2)J.Brahms:「Sonate Nr.2 Es-dur op.120-2」より第1楽章 [出版社:指定なし]

<選択曲> 
A.邦人作品
B.1900年以降に作曲された邦人作品以外のもの
選択曲A及びB共にクラリネットのオリジナルな作品で出版されているものに限る。
伴奏のある場合はピアノにかぎる。
課題曲1曲、選択曲2曲(A,B各1曲ずつ)、計3曲を演奏し、演奏時問は最低20分以上30分以内にまとめる。(選択曲のカットは自由とする)
30分を越えた場合は途中で演奏を中止させる事がある。(A,B共に楽譜の提出を求められる場合がある)

◆本 選
<課題曲>
C.Nielsen:「Konzerto Op.57」全曲 [出版社:指定なし]
*暗譜の指定のないものに関しては、暗譜をしなくてもよい。

ファゴット部門
◆第一次予選
<課題曲>
Ferdinand David:「Concertino Op.12」 [出版社:指定なし]
*第1小節から82小節まで演奏し、83小節に入らず232小節にとび最後まで演奏する。

◆第二次予選
次の課題曲を順に演奏する。
<課題曲>
①Johann Sebastian Bach:「6 Suites for ViolonCello solo」より「SuiteⅡ」 [出版社:指定なし]
             (BWVlOO8)のPrelude(チェロ用の楽譜を使用)                              
②Francois Devienne:「Sonata for Bassoon and Continuo in g minor Op.24,No.5」の1,2楽章(繰り返しなし) [出版社:指定なし]
③Jean Francaix:「Divertissement」 [出版社:指定なし]

◆本 選
<課題曲>
Wolfgang Amadeus Mozart:「Concert for Bassoon in Bb major K.191」 [出版社:指定なし]   
*カデンツアあり
*暗譜で演奏すること。
*暗譜の指定のないものに関しては、暗譜をしなくてもよい。

ユーフォニアム部門
◆第一次予選
<課題曲>
Joseph Horovitz:「Euphonium Concerto」第一楽章 [出版社:Novello]
*ブラインド審査とする。

◆第二次予選
<課題曲>
J.S.Bach:「Sechs Suiten fur Violoncello Solo」より
Suite No.2 d-moll BWVlOO8 MenuetI.Ⅱ.,Gigue
*繰り返しなし。
*原調で演奏すること。

<選択曲>次の中から1曲を選択すること。
①Juraj Filas:「Concerto」 [出版社:Editions Bim]
②John Golland:「Euphonium Concerto」全楽章 [出版社:Chester Music Ltd]
③Philip Sparke:「Euphonium Concerto」全楽章 [出版社:Studio Music]
④Jan Bach:「Concert Variations for Euphonium and Piano」全楽章 [出版社:Tuba-Euphonium Press]
⑤Vaclav Nelhybel:「Concerto」全楽章 [出版社:Tuba-Euphonium Press]
*課題曲、選択曲の順に演奏する。

◆本 選
<課題曲>
John Stevens:「Concerto for Euphonium and Orchestra」全楽章 [出版社:Editions Bim]

「注意事項」
第一次予選はブラインド審査とする。
第一次予選、第二次予選、本選、入賞者特別演奏会とも、すべて暗譜で演奏すること。

テューバ部門
◆第一次予選
<課題曲>
Thomas Stevens:「Aria con variazioni」 [出版社:Editions Bim]
*繰り返しなし。
*ブラインド審査とする。

◆第二次予選
<課題曲>
①J.S.Bach:「Six Suites for Solo Cello」より [出版社:指定なし]
       BWVlOO9 Suite No.3 in C MajorのBourreelと2                      
*Bourreel、2共に前半はrepeat有り、後半はrepeat無し、D.C.してstraightで演奏すること。
*原調で演奏すること。
②Eugene Bozza:「Concertino for Tuba」 [出版社:AlphonseLeduc]
*課題曲①、②の順に演奏すること。

◆本 選
<課題曲>
Jan Koetsier:「Concertino for Tuba and string orchestra」 [出版社:Editions Bim]
*暗譜で演奏すること。
*暗譜の指定のないものに関しては、暗譜をしなくてもよい。

表彰式及び特別大賞演奏会

日 時:2007年12月01日(土)
会 場:文京シビックホール 大ホール(東京都文京区春日1-16-21)
指 揮:梅田 俊明 
演 奏:日本フィルハーモニー交響楽団
出演者:
クラリネット部門  第1位  Ivan Stolbov
ファゴット部門   第1位  Rodion Tolmachev
ユーフォニアム部門 第1位  安東 京平
テューバ部門    第1位  次田 心平

演奏会結果
〇「文部科学大臣奨励賞」・「東京都知事賞」・「審査員特別賞」
ファゴット部門 Rodion Tolmachev

本選結果

クラリネット部門
第1位 Ivan Stolbov 第2位 Timothy Wild Carter  第3位 Hervé Julien
第4位 芹澤 美帆  第5位 柳瀬 なつみ

ファゴット部門
第1位 Rodion Tolmachev  第2位 福井 弘康  第3位 山下 菜美子
第4位 Gueorgui Assenov Chachikov  第5位 宇野 香織

ユーフォニアム部門
第1位 安東 京平  第2位 鎌田 裕子  第3位 Jamie Brooke Lipton
第4位 小久保 まい 第5位 三宅 崇生

テューバ部門
第1位 次田 心平  第2位 柳生 和大  第3位 近藤 陽一
第4位 中山 彰   第5位 喜名 雅

日本管打楽器コンクールこれまでの受賞一覧

2016年 第33回 日本管打楽器コンクール 報告
2015年 第32回 日本管打楽器コンクール 報告
2014年 第31回 日本管打楽器コンクール 報告
2013年 第30回 日本管打楽器コンクール 報告
2012年 第29回 日本管打楽器コンクール 報告
2011年 第28回 日本管打楽器コンクール 報告
2010年 第27回 日本管打楽器コンクール 報告
2009年 第26回 日本管打楽器コンクール 報告
2008年 第25回 日本管打楽器コンクール 報告
2007年 第24回 日本管打楽器コンクール 報告
2006年 第23回 日本管打楽器コンクール 報告
2005年 第22回 日本管打楽器コンクール 報告
2004年 第21回 日本管打楽器コンクール 報告
2003年 第20回 日本管打楽器コンクール 報告
2002年 第19回 日本管打楽器コンクール 報告
2001年 第18回 日本管打楽器コンクール 報告
2000年 第17回 日本管打楽器コンクール 報告
1999年 第16回 日本管打楽器コンクール 報告
1998年 第15回 日本管打楽器コンクール 報告
1997年 第14回 日本管打楽器コンクール 報告
1996年 第13回 日本管打楽器コンクール 報告
1995年 第12回 日本管打楽器コンクール 報告
1994年 第11回 日本管打楽器コンクール 報告
1993年 第10回 日本管打楽器コンクール 報告
1992年 第09回 日本管打楽器コンクール 報告
1991年 第08回 日本管打楽器コンクール 報告
1990年 第07回 日本管打楽器コンクール 報告
1989年 第06回 日本管打楽器コンクール 報告
1988年 第05回 日本管打楽器コンクール 報告
1987年 第04回 日本管打楽器コンクール 報告
1986年 第03回 日本管打楽器コンクール 報告
1985年 第02回 日本管打楽器コンクール 報告
1984年 第01回 日本管打楽器コンクール 報告
第30回 日本管打楽器コンクール 第29回 日本管打楽器コンクール